【要注意】動画編集の独学が向いていない人とは?【5つの特徴】

この記事で得られること

動画編集の独学は可能なのかが分かる
自分にあった動画編集の学習法が分かる

動画編集を学びたいと思っている方の中には「独学で学ぼう」と考えている方も多いでしょう。
動画編集は独学で学ぶことも可能ですが、中には独学が向いていなかったせいで挫折し、諦めてしまう方も少なくありません。

佐原まい

学習法の選択は動画編集者として
成功できるかを左右します!!

そこで今回は、動画編集の独学が向いていない人の特徴をご紹介しつつ、独学で学ぶメリット・デメリットも解説していきます。
これから動画編集を学びたいと思っていて、独学で学ぶかスクールに通おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

動画編集の独学が向いていない人の特徴

ジャパニャン

なるべくお金を掛けたくないから動画編集を独学で学ぼうかな!

このように、動画編集の知識やスキルを独学で学ぼうと考えている方も多いでしょう。
動画編集のやり方はネット上でもたくさん紹介されているため、独学で学ぶことは可能です。

ただし、中には独学との相性が悪く、向いていない人がいることも事実です。
どんな人が動画編集の独学に向いていないのでしょうか?

  • 自力で継続的な努力をすることができない
  • 人からの指示以外をやることが苦手
  • スケジュール管理ができない・苦手
  • 先行投資の感覚がない・目先の利益に囚われる
  • そもそも動画編集自体に興味がない

まずは上記5つの特徴を具体的な根拠と共にご紹介していきます。

①自力で継続的な努力をすることができない

まずは自力で継続的な努力を行えない人が当てはまります。
これまでYouTubeなどを通じ動画を見てきた人でも、動画編集のやり方を学ぶには一から知識や技術を身につけていく必要があります。

ポイント

ゼロの状態からの習得は、努力の継続が不可欠

例えば、受験勉強を例に出してみましょう。
中学・高校3年生になってから、難関校を目指すならもっと早い段階で受験勉強に取り組むことになります。
1年以上も受験勉強を継続させることになるため、かなりの根気が必要です。

動画編集はそこまで時間を掛けなくてもスキルを習得することは可能ですが、一人でそれなりの期間は勉強しなくてはなりません。
そのため継続的に勉強できない人、努力を続けられない人は、動画編集を独学で学ぶ際に苦労する可能性があります

②人からの指示以外をやることが苦手

佐原まい

独学で学ぶ上で重要となってくるのは、「自分から行動する」こと!
自分から動かなければ何も始まりません。

独学で動画編集を学ぼうとすると、自分なりに「まずはどこから勉強すればいいのか」を決めることになります。
学校や会社なら、何をすればいいのか、どうやって行えばいいのかもすべて人から教えてもらえます。

しかし、独学で動画編集を学ぶ場合は誰からも教えてもらえません。
つまり自分から行動し、計画を立てた上で勉強に取り組まないと、いつまで経ってもスキルは身につかないのです。

人からの指示をきちんとこなせることも動画編集において重要なスキルではあるものの、独学をする上では自らが行動することが大切なので注意してください。

③スケジュール管理ができない・苦手

先ほどもご紹介したように、独学で学ぶ場合はまず自分で計画を立てる必要があります。
ただ計画を立てるだけでなく、スケジュール管理を行うことも大切です。

学習計画を立てる際、大雑把に計画を立ててしまうと「今日は疲れたからまた今度やろう」と引き延ばしてしまい、計画に狂いが生じてしまいます。

一度計画が狂ってしまうとやる気も削がれ、徐々に勉強自体が億劫になってしまうでしょう。
特に、最初はやる気があって一生懸命勉強に取り組むものの、段々そのペースを保てなくなり、いつの間にか動画編集を勉強しなくなる人は多いです。

ジャパニャン

最初から自分が無理なく勉強できるように
スケジュールを管理することが大切なんだね!

④先行投資の感覚がない・目先の利益に囚われる

動画編集を勉強している期間は、当然ながらお金を稼げていない状態です。
将来稼げるようになるためにも頑張って独学を続けていく必要があります。

しかし、その将来のためになぜ今時間や労力を掛けなくてはいけないのか分からない人は、「将来への先行投資」という感覚がないため努力を続けられません。
また、目先の利益にばかり注目してしまい、とにかく早くお金を稼ぎたいと考えてしまうものです。

佐原まい

動画編集はそれほど難しくはないものの、
一朝一夕で身につくものではありません。

将来に向けて今時間や労力を割けられないという人は、動画編集だけでなく新しいスキルを身につけるのも苦労してしまうでしょう。

⑤そもそも動画編集自体に興味がない

今この記事を読んでいる方の多くは、これから動画編集を学びたいと考えていることと思います。
ここで改めて問いたいのが、「なぜ動画編集を学びたいと思ったのか?」という点です。

実は、動画編集を学ぼうと考えている方の中には、意外と動画編集自体にそれほど興味を持っていない方も多いです。

佐原まい

恐らく「動画編集の需要が高く、稼ぎやすい」という理由から、
特に興味はないけどとりあえず学んでおきたいと考えている人は増えています。

事実、近年はYouTubeなどの動画サイトはもちろん、TwitterやInstagramなどのSNSでも動画需要は増加しているため、それと比例して動画編集の需要も高まっています。
しかし、好きじゃない・興味がない分野を新しく学ぶことに対して、苦痛を感じてしまう場合もあるでしょう。

ポイント

動画自体に興味がないと、継続が難しい場合がある

例えば、学校では様々な分野の授業がありましたが、その中で好きな教科・嫌いな教科はありませんでしたか?
好きな教科は楽しく学べて、なおかつ理解度も速かったと思います。

一方、嫌いな教科は授業を受けるのも苦痛で、テストでもあまり良い点にはならなかったという方も多いでしょう。
もちろん、学んでいく中でどんどん興味が湧き、その分野について学ぶのが楽しくなったというケースもありますが、基本的には興味がない分野を学ぶことは大変です。

動画編集の独学が向いていない人の特徴を挙げてきましたが、それでも動画編集を仕事にしたい、学んでみたいと思う人は、ぜひ下記の項目も読んでみてください。

動画編集を独学で学ぶメリット・デメリット

ここまで「動画編集は独学で学ぶべきではない」というような紹介をしてしまいましたが、実際にはきちんと独学で学ぶメリットもあります。
どのようなメリットがあるのか、逆にデメリットもあるのかをご紹介していきましょう。

動画編集を独学で学ぶメリット

動画編集を独学で学ぶメリットは、以下の3点が挙げられます。

  • 初期投資が安く済む
  • 違うと思ったらいつでもやめられる
  • 一部の人はスクールより早く稼げる
  • 初期投資が安く済む

独学における一番のメリットは初期投資が少ないという点です。

スクールなどに通う場合はある程度の費用が必要となりますが、独学ならネット上でも知識を習得できますし、書籍も2~3冊購入すればネット上でも見つからないような有益な情報が手に入ります。
スキルは身につけたいけれど、なるべくお金を掛けたくない人には最適です。

違うと思ったらいつでもやめられる

違うと思ったらいつでも勉強をやめられる点も独学のメリットです。
スクールに通うと、「自分には合わない」「想像していた内容と違っていた」と感じる場合もあるでしょう。

やめたいと思っても既にお金を払っているため卒業するまではもったいないと感じ、通い続ける人も多いですが、スキルが活かされなければその期間はすべて無駄になってしまいます。
独学なら違うと思った時点で見切りが付けやすく、いつでもやめられます。

一部の人はスクールより早く稼げる

独学を学ぶ人の中には、スクールで学ぶより早く稼げるようになる人もいます。
独学の方が早く稼げるようになる人は、冒頭でご紹介してきた「独学が向いていない人の特徴」に当てはまらない人です。

自力で継続でき、自ら勉強計画を立ててスケジュール管理もこなし、将来のために好きな動画編集を学びたいと思う人は、スクールよりも早く稼げる可能性が高いでしょう。
しかし、スクールには

  • 整理されたコンテンツ
  • 実際に仕事を取るための営業ノウハウ
  • 同じ志を持つ仲間

といった独学では難しいスキルやモチベーションの維持にもつながる仲間を得ることも可能です。

佐原まい

私は以前動画編集を独学で学んでいましたが、
その時はとても苦労しました…。

私も含めてほとんどの人はスクールに通った方が稼ぎやすくなるでしょう。

動画編集を独学で学ぶデメリット

動画編集を独学で学ぶメリットをご紹介しましたが、その一方でデメリットに感じる部分もあります。
それは、「金銭面以外でそれほど大きなメリットがない」という点です。

例えば「違うと思ったらいつでもやめられる」というメリットは、結局動画編集の勉強を諦めてしまうことと同じことが言えます。
もし動画編集だけでなく、他のスキルを学ぼうとした時もこの逃げ道を最初から作ってしまうことで、「面倒になったらやめればいい」という考え方に至ってしまう場合もあります。

また、「一部の人はスクールより早く稼げる」というメリットも、あくまで一部の人に当てはまるメリットであり、すべての人が早く稼げるわけではありません。

佐原まい

また、現在は動画編集の需要が高まったことで、
動画編集のスキルを学んでいる人が増えてきています。

ジャパニャン

つまり、独学だと一人で他の動画編集者の人と戦っていかなくちゃいけないんだね…。それはかなり大変かも…!

独学で学ぶことは決して悪いことではありませんが、もし独学に向いていない人の特徴に一つでも当てはまった人は、独学よりもスクールの方が早く稼げるようになるかもしれませんよ。

あなたが編集者を雇うとしたらどうしますか?

あなたが企業やYouTuberの立場になって「動画編集者を雇いたい」と思い、

  • 独学で動画編集を学んだAさん
  • スクールで講座の内容を完了させたBさん

から選ぼうとした場合、どちらに仕事を任せたいと感じるでしょうか?

ジャパニャン

うーん、僕ならBさんかな。何か基礎からちゃんと学んでそう!

佐原まい

実際に、そう感じる企業のクライアントやYouTuberは多いです。

あなたが編集者を雇う立場になってみると、スクールで動画編集を学んだBさんの方が、しっかりと勉強している印象を受けると思います。
これは、スクールではそれぞれカリキュラムが決まっていて、調べればこの人はどれくらいのスキルを身につけているのか把握しやすいためです。

一方、独学となるとカリキュラムがないため、その人がどこからどこまで学んだのか、どれほどの応用力を持っているのかなど、細かく把握することができません。

ポイント

動画編集を依頼する側は、できることを把握した上で雇いたいと考えるのが一般的

そのため、いくらAさんとBさんの実力が同じであったとしても、Aさんはその実力をしっかりと示さなければ、雇ってもらえない可能性が高まるでしょう。

独学以外にも動画編集を学ぶ方法がある

今回は動画編集の独学が向いていない人の特徴や、独学のメリット・デメリットについてご紹介してきました。
この記事を読んだ上で、「それでも独学で頑張りたい!」という人は私も応援します。

上記でも述べましたが、決して独学が悪いというわけではありません。
やり方を間違えたり、自分に合っていない方法を選んだりしてしまうと、

  • スキルが身につくまでに時間がかかる
  • 途中で挫折し、諦めてしまう

ということになり得るのです。
動画編集を学ぶ際にスクールを活用すると、

  • 決められたカリキュラムの中で学びながら適切な資料ももらえる
  • 動画編集のスキルだけでなくその後の営業ノウハウまで学べる
  • 同じく動画編集者を目指して勉強している仲間を見つけられる

といったメリットが得られます。
特に動画編集者を目指して勉強している仲間は勉強のモチベーションにもつながりますし、スキルを習得してからも相談し合ったり、仕事を紹介してもらったりすることもできます。

もし、「独学よりもスクールの方が合っているかも」と感じた方は、クリエイターズジャパンの プレミアプロ講座 をご利用ください。
プレミアプロ講座では、 公式LINE で友達登録をすると6日間無料で受講できるお試し期間を設けています。

この無料期間を活用すれば、自分がスクールで勉強するのに合っているかどうかが確認できますよ。
途中で挫折しないためにも、独学とスクールのどちらが自分に合っているのか、改めてチェックしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる