100名限定で6日間の動画クリエイター講座を開催中!無料で受講する

動画編集で稼ぐために学歴は必要なのか【重要なのは○○】

この記事で得られること
  • 動画編集で稼ぐのに学歴は必要かどうかがわかる
  • 動画編集において学歴以上に必要なものがわかる

動画編集をやってみたい、興味があるという方の中には「学歴が必要かどうか」が気になっている方もいるでしょう。

ジャパンくん

もしかして学歴がないと動画編集は難しいのかな…?

動画編集には専門の知識・スキルがある程度必要であり、学歴がないと難しそうと感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、動画編集で稼ぐために学歴は必要なのかをご紹介していきます。
動画編集と学歴の関係性について知りたい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

目次

動画編集で稼ぐために学歴は必要?

動画編集で稼ぐために学歴は必要なのか、最初に結論を出してしまいましょう。

結論:学歴は必要ありません

佐原まい

動画編集で稼ぐのに学歴は必要ありません!

「学歴がない=動画編集者として稼げない」ということは起こりません。
例えば高卒で学歴がない人でも動画編集者として稼げている方はいますし、逆に大卒で学歴がある人でも稼げずにいる人はいます。

ジャパンくん

どうして動画編集で稼ぐのに学歴は必要ないの?

動画編集で稼ぐのに学歴が必要ない理由は、動画編集そのものに正解がないためです。
基本的に動画編集の仕事はクライアントから意見を聞き、意見を取り入れながら動画を作っていきます。
意見を取り入れて多くの方が見てくれるような動画を作れば、その動画が正解となります。

学歴がないことが正解を出せないことにはつながりません。
そのため、動画編集で稼ぐのに学歴は必要ないのです。

例えば、記事を読んでいる方なら以下の2人のどちらに動画編集の仕事を任せたいと思いますか?

  • スキルゼロの東大生動画編集者
  • 高卒だが多くの実績がある動画編集者

恐らく後者を選ぶ人が多いはずです。

ポイント

学歴よりも仕事の実績を重視する人が多いことも学歴が不要であることと関係している

クライアントの立場になってみると学歴の有無より動画編集のスキルはあるのか、動画編集の実績はあるのかといった方が重視しやすいことが分かるでしょう。

ただし、だからと言って学歴が稼ぐことに全く関係ないとは言い切れません。
次の項目で学歴が有利に働くこともあることをご紹介していきましょう。

学歴があると有利になること

学歴がなくても動画編集で稼げるようになりますが、学歴が有利に働くこともあります。

  • 実績がなくても信頼を得やすい
  • 物事を学ぶスピードが早い
  • 結果が出ない間も努力を継続できる

どのように有利に働くのか、一つずつ詳しく解説していきましょう。

実績がなくても信頼を得やすい

学歴にはバイアス(先入観)がかかりやすいと言われています。
例えば就活などでも年齢やスキルなどは一緒でも学歴が高い方を優先して選んでいる企業も多いです。
近年は大学名を意識していない企業も多いですが、やはりある程度の学歴は欲しいと考えているところはあります。
また、企業だけでなく世間的にも信頼を得やすいのは学歴を持っていることのメリットと言えるでしょう。

もし高学歴と低学歴の人、どちらも動画編集を始めたばかりで案件も初めてとします。
クライアントはどちらも同じスキルを持っていると考えた時、高学歴と低学歴のどちらを選ぶでしょうか?
クライアントは責任を持って仕事をしてくれる方にしたいと考え、信頼できる人を選ぶはずです。

そうなるとやはり高学歴の方が案件を獲得しやすくなります。
ただし、これはあくまでも両方に実績が伴っていない場合の例です。
どちらも動画編集の実績を持っている場合は学歴とは別の部分で比較される可能性が高くなります。

物事を学ぶスピードが早い

動画編集はまず編集に関する知識・スキルを習得していく必要があります。
つまり、ある程度勉強をしていかなくてはなりません。
物事を学ぶスピードに関しては、やはり高学歴の人が早い傾向にあります。
これは自分がどのように勉強すれば早く知識を習得できるか、既に心得ているからです。

ジャパンくん

確かに高学歴の人って自分の勉強法を確立している人が多いよね。

学歴がない人だとどうやって勉強すれば良いのかが分からず、勉強を始めても躓いてしまう場合があります。
高学歴の人は自分に合った勉強の仕方を習得しているため理解度も早く、物事を学ぶスピードが早くなりやすいのです。
もちろん、物事を学ぶスピードには個人差があります。
学歴がない人でもすぐに動画編集の知識やスキルを身につけられる人もいます。

結果が出ない間も努力を継続できる

高学歴の人はこれまでたくさん勉強を続けてきた傾向にあります。
特に偏差値が高い大学を目指して勉強していると、途中でテストや模試の結果が芳しくなくショックを受けてしまうこともあったでしょう。

佐原まい

結果が出なかったとしても受験本番に向けて
挫折することなく、勉強を続けられた人も多いのでは?

勉強を続けられたという事実は、結果が出なくても努力を継続できることにつながります。
学歴がない人でも根気強い人なら努力を継続して動画編集の知識・スキルを身につけられるかもしれませんが、高学歴の人は努力を継続することも有利に働きやすいと言えるでしょう。

学歴が有利に働くポイントは、動画編集者として稼いでいくためにも重要なスキルになってきます。
特に実績がなくても高学歴の信頼度によって案件を獲得しやすくなるのは、学歴が有利に働いている一例です。
しかし、「物事を学ぶスピードが早い」と「結果が出ない間も努力を継続できる」は学歴がなくても努力次第で十分にカバーできます。
そのため、動画編集者としてお金を稼ぐことにおいては、学歴はそれほど大きな意味を持たないと言えるでしょう。

学歴がなくても動画編集者で稼ぐには

学歴がなくても動画編集者になってお金を稼げることはわかっていただけたかと思います。
では、動画編集者で稼ぐためにはどんなことが必要となってくるのでしょうか?

ここからは動画編集で学歴以上に必要なものをご紹介していきます。
どんなスキルが必要なのかを知っておくことで、今後動画編集者を目指す時に役立つでしょう。

動画編集で学歴以上に必要なもの5選

動画編集で学歴以上に重要なスキルは5つあります。

  • コミュニケーションスキル
  • マーケティングスキル
  • 必要な情報のリサーチ力
  • 動画編集を学ぶ適切な環境
  • 動画編集への熱意と誇り

具体的にどんなスキルで、どのように動画編集と関係しているのかご紹介しましょう。

コミュニケーションスキル

動画編集者というと在宅での仕事も多く、基本的にPCでの作業となります。
しかし、クライアントとのコミュニケーションは必須です。

ポイント

クライアントとの信頼関係を構築すれば様々なメリットが得られる

クライアントとコミュニケーションを積極的に取り、責任を持って仕事に取り組むことで信頼関係は構築されていきます。
信頼関係がうまく構築できれば継続して仕事をもらうこともできますし、場合によっては同じ仕事でも単価を上げてくれることもあります。

そもそも、案件を獲得するためにはクライアントと何度もやり取りを重ねていく必要があります。
特にクラウドソーシングやSNSを通して仕事を受けたい場合は、信頼関係を築くことが非常に重要なのでコミュニケーションスキルも身につけておくと良いでしょう。

マーケティングスキル

動画編集者としてお金を稼ぐためには、多くのクライアントから案件を依頼されるようになる必要があります。
しかし、始めたばかりの頃は勝手にクライアントから案件依頼が来るわけでもなく、自分から案件に応募をして仕事を獲得しなくてはいけません。
自分の力でクライアントに営業をかけ、仕事を取っていく必要があるのです。

仕事を取る時はコミュニケーションスキルだけでなく、自分を売り込むためのマーケティングスキルも必要となります。

ジャパンくん

例えばマーケティングスキルってどういうものを指すの?

佐原まい

動画編集者ならポートフォリオや営業文など、
色んな部分でマーケティングスキルが関わってくるよ!

ポートフォリオを作成するなら同じジャンルの動画をいくつも作るより、色んなジャンル・色んな雰囲気の動画を作った方がマーケティングスキルは高いと言えます。
なぜなら、クライアントの案件に合わせてポートフォリオの動画を提出できるためです。
クライアントは案件とは全く関係ない内容の動画から判断するよりも、案件と似た内容の動画を提出した人に仕事を任せたくなるものです。

また、営業文ならただ自己アピールするよりもクライアントが求めていることを書いた方が仕事につながりやすいです。
逆に初心者アピールをしたり、読みにくい文章だったりするとクライアントは「案件を任せられない」と判断してしまうでしょう。

ポイント

動画編集で稼ぐためには自分を売り込む力も必要

必要な情報のリサーチ力

学校のテストとは異なり、動画編集には絶対的な答えがありません。
しかもできることが膨大であり、すべての編集スキルを覚えきることはほぼ不可能と言えます。
ここで重要となってくるのが、必要な情報のリサーチ力です。

佐原まい

リサーチ力が身についていれば、分からないこともすぐに調べられます。

リサーチ力が高いと知りたい情報を短時間で正確に調べられるため、動画編集で躓いたとしてもすぐに対処することが可能です。

動画編集以外にも膨大な情報の中から知りたい情報を検索し、ヒットさせる力は日常生活や他の仕事においても重要となります。
ぜひリサーチ力も身につけるようにしましょう。

動画編集を学ぶ適切な環境

動画編集を学ぼうと考えた際に意外と見落としがちなのが、動画編集を学ぶ環境です。

ジャパンくん

どんな環境が動画編集を学ぶのに適しているの?

動画編集を学ぶのに適切な環境には3つのポイントが含まれています。

  • 質の高い教材
  • 個別のサポート
  • 競い合える仲間

質の高い教材は正しい知識を得るのに必要不可欠ですし、個別のサポートがあると学んでいる中で躓いてしまってもすぐに解決しやすいです。
また、一人で勉強してもすぐモチベーションが下がってしまうという方は競い合える仲間がいた方が動画編集の勉強も続けやすくなります。

質の高い教材・個別のサポート・競い合える仲間の有無によって、結果が出るスピードにも大きな影響を与えるでしょう。
今後本気で動画編集を仕事にして稼ぎたいのであれば、学ぶための環境には惜しみない投資をするべきです。

動画編集への熱意と誇り

どれだけ効率的に動画編集を勉強できたとしても、どれだけ高学歴で優秀だったとしても、動画編集への熱意と誇りがなければお金を十分に稼げるようになるまでの道のりは遠くなってしまうかもしれません。

もちろん、好きなことでも継続できない場合があります。
例えば料理を作ることが好きで飲食店で働くようになっても、長く続く人とそうでない人がいます。

佐原まい

それでも自分が好きだと思えるものの方が
挫折せず稼げるようになる可能性は高いです!

ここまで記事を読み進めてきた方なら、本気で動画編集を仕事にしたいと考えている方も多いはずです。
その気持ちを大切にしながら動画編集で重要なスキルを磨いていきましょう。
そうすれば学歴の有無にかかわらず、好きなことを仕事にしながらお金を稼げるようになるはずです。

今から最速で動画編集者になる方法

今回は動画編集に学歴は必要なのかをご紹介してきました。
結果として学歴は動画編集の仕事を獲得する際、有利に働くことはあるものの学歴があったからといって稼げるようにはなりません。
むしろ学力がなくてもしっかりと動画編集の知識・スキルを磨いて実績を積み上げていけば、稼げる動画編集者になれるでしょう。

また、学歴以外にも重要なスキルが5つあります。

  • コミュニケーションスキル
  • マーケティングスキル
  • 必要な情報のリサーチ力
  • 動画編集を学ぶ適切な環境
  • 動画編集への熱意と誇り

5つのスキルの中でも、クリエイターズ・ジャパンには動画編集を学ぶのに最適な環境が揃っています。

クリエイターズ・ジャパンの プレミアプロ講座 には総時間677分にも及ぶ動画教材を用意しています。
さらに、YouTube特化のノウハウ講座や収入アップ講座、5年後も稼ぎ続けるための仕事術講座なども用意しています。
LINE@ からは個別のサポートにも対応しており、動画編集だけでなくフリーランス・副業に関する質問にも対応可能です。
また、オンラインサロンも開設しています。
動画編集者同士で気軽に話し合ったり、困ったことがあれば相談したりできる環境があるのです。

佐原まい

動画編集への熱意がある人は大歓迎です!

動画編集に適した環境で学びたい方は、ぜひクリエイターズ・ジャパンのプレミアプロ講座を受講してみてください。
なお、現在公式LINEにおいて友達登録をすると6日間の無料講座も実施しています。
どんな内容で学べるのかが知りたい方は、まず公式LINEを友達登録して無料講座を受けてみましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる