100名限定で6日間の動画クリエイター講座を開催中!無料で受講する

動画編集の案件が見つかるクラウドソーシングおすすめ5選

この記事で得られること
  • クラウドソーシングがどんな特徴を持つサービスなのか分かる
  • 動画編集におすすめのクラウドソーシングサイトが分かる
  • クラウドソーシングで案件を獲得するコツが分かる

多くの人が副業やフリーランスで活躍する中で、誰でも技術を身につけられる「動画編集」が注目を集めています。
動画市場は年々拡大を続けており、今後も編集者の需要は高い水準を維持することになるでしょう。

動画編集の仕事は、クラウドソーシングで募集されている案件に応募する方法が一般的です。
これから動画編集の仕事をしていきたいという方の中には、クラウドソーシングを使ったことがない方も多いでしょう。

そこで今回は、クラウドソーシングの特徴から動画編集者におすすめのサイトまでご紹介していきます。
さらに案件を獲得するコツも解説しているので、案件の獲得にチャレンジしたい方はぜひご参考ください。

目次

今はやりの「クラウドソーシング」とは?

クラウドソーシングとは?

仕事を発注したい企業・個人と、仕事を受けたい人とをインターネットを通して結びつけるWebサービス

クラウドソーシングは「Cloud(群衆)」と「Sourcing(業務委託)」を合わせた造語で、2006年頃から使われ始めました。
従来は専門性の高い人物を雇用してビジネスに取り組んできましたが、

  • 人材の確保自体が難しい
  • 雇用したのは良いもののコストがかかってしまう など

のデメリットが生まれてしまっていました。
企業にとってのデメリットを解消するために「アウトソーシング」という考え方が誕生します。


アウトソーシングは業務を抜き出してそこだけを外部に委託する方法です。
これなら人材を企業が確保しなくても外注すれば良いのでデメリットは解消されます。

しかし、新たにスキルのアンマッチが発生しやすいといったデメリットが生まれてしまいました。
そこで生まれたのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングはインターネットを活用して仕事を受けたい人を募集することにより、最低限のコストに抑えつつアンマッチが発生しにくい環境を構築させました。

クラウドソーシングにおいて、仕事を受ける側には以下のようなメリットが得られます

  • 仕事を自分の得意分野に絞って選べる
  • 好きな時間、空いている時間に働ける
  • 場所を問わず仕事ができる
  • 打ち合わせの手間を最小限に抑える
  • 交通費が掛からない

クラウドソーシングの場合、どんな仕事に応募するのかは自分ですべて決められます。
募集案件にはどんな仕事をするのかが明記されているので、あまり得意ではない仕事は避けて自分の得意な仕事だけを受け続けられます。

案件ごとに納期は決まっているものの、朝仕事をしても良いですし夜に行っても問題ありません。
さらに自宅やカフェ、旅行先など場所を問わず仕事ができるのも魅力の1つと言えます。

基本的にクライアントとはチャットやメールを使ってやり取りを行うため、直接会って打ち合わせをすることはほとんどありません。
打ち合わせがないということは、交通費も掛からないため無駄なコストが発生しないことにつながります。

ポイント

クラウドソーシングは発注側・受注側、双方にとってメリットの多いサービス

動画編集のおすすめクラウドソーシング5選

現在様々なクラウドソーシングサイトが開設されており、どのサイトを利用すれば良いのか迷っている方も多いでしょう。
動画編集の案件を探すのにおすすめなのは、5つのサイトです。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ランサーズ
  • Bizseek
  • スキルクラウド

5つのサイトがどのような特徴を持つクラウドソーシングなのか、詳しく解説していきましょう。

①クラウドワークス

クラウドワークスは業界トップクラスのユーザー数を誇り、多くの案件が集まるクラウドソーシングです。
ワーカーが安心して案件を獲得できるよう、悪質案件の排除を徹底していたり適性報酬の取引がきちんと行われているかチェックしたりしています。

また、クラウドワークスのワーカー限定で無料利用が可能な福利厚生のサポートまで備わっています。
例えばどの物件でも不動産仲介手数料が半額~最大0円にまで割引されるステージの「引っ越し割」や、シェアエコ型保険「わりかん保険」の利用が可能です。

動画編集の案件は仕事カテゴリの「写真・画像・動画」の中から選択できます。
カテゴリは動画作成・動画制作以外にYoutube動画に限定したカテゴリやその他の映像編集案件が集まったカテゴリ、アニメーション制作のカテゴリなども揃っています。

②ココナラ

ココナラは自分が持つ知識やスキル、経験を販売できるスキルマーケットサービスです。
例えば動画編集のスキルを持っている人はサービスとして動画編集のスキルを出品し、動画編集が必要な人がそのスキルを購入する形になります。

自分ができること・得意なことをサービスとして出品するため、基本的にやりたくないことをやらずに済みます。
しかも受注数をコントロールしやすく、もし本業が忙しくなったり受注数が増えたりしたら一時的に受付をストップさせることもできるのです。

ココナラでは料金設定を自分で行えるのですが、製作系のカテゴリなら500円~50万円まで幅広く設定できます。
また、ココナラでは仕事の公募も行われており、興味を持った仕事を選んで提案することも可能です。

③ランサーズ

2008年からクラウドソーシングサービスを日本で初めてスタートさせたランサーズは、現在も多くの案件が集まるサイトです。
動画編集の案件が多いのはもちろん、その他の仕事も比較的簡単に見つけられます。

ランサーズの特徴として、報酬の受け取りにおける不安を解消できるという点が挙げられます。
ランサーズでは報酬の支払いに「仮押さえ決済(エクスロー)方式」を採用しており、運営側が発注者から報酬を受け取って保管しておきます。

仕事が完了したら運営が受注者へ保管していた報酬を支払うため、持ち逃げの心配もありません。
他にも福利厚生サービスや税務サポート、スキルアップのための教育機会なども得られます。

④Bizseek

Bizseekはクラウドワークスやランサーズに比べるとクラウドソーシングとしての知名度は低いものの、最近注目度が増しているサイトです。
徐々に案件数も増えてきて、動画編集も含め幅広いジャンルから案件を探せるようになっています。

Bizseekの大きな特徴は、手数料の安さです。
クラウドソーシングで案件を受ける場合、報酬から手数料が差し引かれた状態で受け取ることになります。

一般的にクラウドソーシングの手数料は5~20%が相場となっていますが、Bizseekの場合5~10%とお得な手数料になっているのです。
また、他のクラウドソーシングに比べて登録しているユーザーが少ないことで競争率が低く、案件を獲得しやすい点も魅力の一つです。

⑤スキルクラウド

スキルクラウドは2018年にスタートしたクラウドソーシングで、ココナラと同様個人が持つスキルや時間、ノウハウなどを出品できるサイトです。
自分のスキルや作品を好きな値段設定で出品でき、スキマ時間を有効活用して働ける点はメリットと言えます。

また、出品者と購入者には評価ランクが存在し、評価ランクが上がれば上がるほど信頼度の高い優良会員であると判断できるでしょう。
サービスが開始されてからそれほど期間が経っていないため、似たサービスのココナラに比べると利用者数が少ないというデメリットはあります。
しかし、同じ動画編集で出品しているライバルも少ないため、利益にもつながりやすくなります。

クラウドソーシングで案件を獲得するコツ3つ

クラウドソーシングで案件を獲得するには、3つのコツを押さえておく必要があります。

  • 信頼感のある自己紹介に設定する
  • 質の高いポートフォリオを複数用意する
  • クライアント目線の営業文を作成する

ポイントを押さえているかどうかで案件の獲得率は大きく変わってきます。
これからクラウドソーシングに登録しようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

信頼感のある自己紹介に設定する

クラウドソーシングの大きな特徴として、基本的にネットでやり取りを行うことが挙げられます。
ネットだと文章だけのやり取りになることも多く、相手が本当に信頼できるかどうかクライアント側も見極めが難しいところです。

それでもクライアントは「信頼感のある相手に仕事を任せたい」と思っているので、いかに信頼感のある人に見せられるかが案件獲得のしやすさにつながってきます。
登録したばかりの初心者の方は実績でアピールすることが難しいため、自己紹介の設定を重視しましょう。

  • 名前はなるべく実名にする
  • アイコンも可能なら顔写真にする
  • 責任感をアピールする

実名や顔写真を出すことに不安を覚える方も多いですが、このポイントを押さえることで情報の透明感が増して信頼度も高まります。
責任感のアピールは例えば「納期は必ず厳守し、責任を持って取り組みます」などの一言を加えておくと良いでしょう。

質の高いポートフォリオを複数用意する

クラウドソーシングでクライアントが応募者の中から選ぶ際に、スキルの高さももちろん重視します。
この時、大きな判断材料となるのがポートフォリオです。

いくら自己紹介の項目を丁寧に作って誠意の見られる営業文を作っても、ポートフォリオで「スキルがない」と判断されてしまえば案件の獲得は難しくなります。
ポートフォリオを作成する際になるべく自分で撮影・作成した素材を使用して、自分が編集でどんなことができるのかまとめたポートフォリオを1つ作っておくと良いでしょう。

また、クライアントが仕事を発注した時のイメージがしやすいように、対応できるジャンルのポートフォリオをそれぞれ作成しておくと案件獲得につながりやすくなります。

クライアント目線の営業文を作成する

営業文を作成する際にどんな点を重視していますか?

ジャパンくん

自分ができることをアピールすることかな!

佐原まい

それでは案件の獲得につながらないかも…
大切なのはクライアントの目線に立つことです!

案件を獲得したい一心で自分のことをアピールする営業文は、クライアントが依頼するメリットを伝えきれていない文章になりがちです。
まずはクライアントがどんな人材を求めているのか、応募文章を参考に分析してみましょう。

分析したらクライアントが求めている人物像に当てはまっていることを主軸に文章を作成してみてください。
すると、求めている人物であることをアピールしやすくなります。

今から最速で稼げる動画編集者になるためには

今から最速で稼げる動画編集者を目指すならオンライン講座を利用してみましょう。
なぜオンライン講座がおすすめなのか、解説していきます。

効率が良いのはオンライン講座の利用

動画編集を身につけるための学習方法は様々です。

  • YouTubeの講座
  • 対面での講座
  • オンライン講座

この中でも本やYouTubeの講座は無料で学べるものの、効率的ではありません。
効率的に動画編集を学べる方法で一番適しているのが、オンライン講座なのです。

  • 体系的に学べる
  • 時間を選ばない
  • 場所を選ばない
  • 質問が可能

対面での講座も体系的に学べたり、講師に質問ができたりします。
しかし、時間や場所が限られてしまうためオンライン講座の方が誰にでもおすすめできるのです。

スクールのサービスを最大限に利用する

オンライン講座では手厚いサポートを受けられる場合も多いです。
例えばポートフォリオや営業文の添削、質問対応などが挙げられます。

これらのサポートはクラウドソーシングを利用して案件を獲得するのに、非常に役立つでしょう。
最初は質問をするのが恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、受けられるサポートやサービスを最大限活用することで人一倍早く稼げる動画編集者になれるでしょう。

「プレミアプロ講座」のサービス紹介

クリエイターズジャパンが提供する プレミアプロ講座  は、1日1時間の勉強でも1ヶ月でカリキュラムを1周できるオンライン講座です。

  • Premiere Proの基本操作
  • カット・テロップ・BGMなどの基礎
  • 動画の書き出し方法
  • Photoshop・AfterEffectの使い方 など

動画編集における幅広い知識を体系的に学べます。
さらに、案件の取り方や収入アップ講座、5年後も稼ぐための仕事術講座なども受講できるため動画編集を仕事にしたい方には特におすすめです。
初めての方も利用しやすい環境が整っており、 LINE@  の個別サポートオンラインサロンの運営も手掛けています。

それでも本当に自分に合ったオンライン講座なのか気になる方も多いでしょう。
プレミアプロ講座の 公式LINE に登録すると6日間の無料お試し講座が利用できます。
6日間で実際の動画講義などを活用してみて、自分に合った講座なのかぜひ試してみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる